FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog RankingRankingRankingRankingRanking




毛剃りなんかは当たり前!生ハメ・中出し・拘束目隠しプレイ!マニアも満足のサイトです!

体を起こし、サヤに寄り添い、耳元で囁く。
「サヤの熟れた甘いにおいがするよ。熱く湿ってるね。おれも我慢できないよ。さあ言うんだ」
サヤの手を取り、一緒にももに手をかけて、ゆっくりと大きく開かせる。
「さあ、サヤももう我慢ができないだろう?」
「・・・うん・・・」
「じゃ、言葉で言うんだ」
大きく開いたサヤの足をなでながら、サヤが言葉を言うまでさらに辛抱強く待つ。
「・・・なめて・・・」
「違うだろ?リョウヘイさん、サヤのマンコをなめてください、って言うんだ」
「・・・リョウヘイさん・・・サヤの・・・マンコを・・・なめてください・・・」
「よし、サヤのマンコをなめてあげよう」
やさしく髪をなでてやり、体をもどす。顔をアソコの寸前でとめる。もう少しだけじらすことにしよう。息をふきかけながら言う。
「もう一度、心からお願いするんだ」
「リョウヘイさん、サヤの・・・マンコを・・・なめてください・・・あぁ!」
サヤが言葉を言い終わらないうちにすばやく舌でひと突きする。ワレメを下から上に、深く舌を突き刺すように。
「ああぁっ」
じらされたぶんだけサヤの快感も強烈なようだ。その声にうれしくなる。激しくなめてからゆっくりとした動きにもどす。
「気持ちいい?」
「・・・気持ちいい・・・」
サヤの反応を見ながら、やさしく、強く、なめて吸う。ときには甘く噛む。クリトリスに標的をさだめると、サヤの声も高くなっていく。
「あぁ、あうん・・・ダメ・・・もう・・・」

体を起こしてサヤのドレスのファスナーをあける。ブラジャーをはずすと彼女の白くやわらかなオッパイがあらわれる。
「胸も触ってほしいよね?」
「うん・・・」
耳元に顔を近づけながら、胸を両手で優しく包む。敏感な乳首を避けながら愛撫していく。
「サヤをメチャメチャにしたい」
同じ言葉を言いながら、今度は愛情が深くなっているのを感じる。
「もう一度お願いして」
首筋に息を吹きかけるようにして囁く。
「ぁあぁ・・・サヤを・・・メチャメチャにしてください・・・」
片方の手を再び股間に滑りこませる。
「ああぁっ・・・」
「さっきよりも、もっと濡れてるよ。もっと熱い。ヌルヌルだ」
「・・・ヤだ・・・」
耳元に舌をはわせながら、はずかしい言葉を繰り返させる。
「サヤのマンコをもっと強くいじってください」
「はぁ・・・サヤのマンコを・・・・ぁっ・・・強くいじってください・・・」
クリトリスをこすりあげる。
「サヤのマンコをグチョグチョにかきまぜてください」
「んんっ・・・サヤの・・・マンコを・・・グチョグチョに・・・はぁあ・・・」
すかさず奥深くまで指をすべりこませる。指を入れたまま手のひらの部分で全体を押さえ、こすり、かきまわす。
「ああっ!!」
「気持ちいい?」
「ああっ、気持ちいい!!」
指の動きをゆるやかにして乳首を口に含む。やさしく甘くなめていく。すぐに硬くなった乳首を舌でころがす。


マ○毛剃ってぇ~♪中に出してぇ~♪ハメ撮りマイLOVE~♪即マン万歳H4610
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

FC2 Blog RankingRankingRankingRankingRanking


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する
http://mysecretgame.blog74.fc2.com/tb.php/7-3594a442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 my secret game all rights reserved.
プロフィール

msg

Author:msg
妻との、SMを中心とした倒錯の体験を記録しています。

管理者ページ

CONTENTS
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
リンク
ランキング

Ranking



Ranking

Ranking



FC2 Blog Ranking



LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。